スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

損失を小さく利益を伸ばす方法

「損は切って利は伸ばせ」

これは半分本当で半分ウソです。

これを言葉通り行うと必ず資金は底をつきます。

これは相場の波のような動きが原因です。

ほとんどの人間が価格のトレンドを見出そうと考えていますが、実際の相場は素直な一方向には動きません。

上昇トレンドの最中にも小さな下落があり、価格が行き止まり、急に大きく下落したかと思えばまた上昇する。

下降トレンドに入ったと思わせ、いざ下落するかと思えば急に反発し、急上昇してしばらくすると本当に下降トレンドに入る。

小さな損切りは、かなりの確率で注文に引っかかり、損失を小さくしようとする行為が皮肉にも損失の積み重ねで大きな損失に変えてしまいます。

利益を大きく伸ばそうとすれば価格は反転し損失に変わります。

気がつけば全ての取引が敗北に終わるでしょう。

もちろん、損は切って利は伸ばさないといけません。

ではどうすれば良いのでしょうか?

これにはいくつかの工夫が必要になります・・・・
Date: 2012.04.15 Category: 資金管理法 Comments (4) Trackbacks (1)

利益確定

次に利益確定。


損切りは簡単なもので、実行しない人は大損して終わる。
絶対にやらないといけない基本的なものです。

しかし利益確定は違います。

実は利確は非常に難しいものです。


利益確定の時期を誤ると、せっかくの利益が損失になってしまいます。

だからといって利益確定を早めに行ってしまうのも問題です。


人間の行動心理で利益確定は早く行ってしまう心理があるそうです。

そのため、利益が小さく損失は大きいため、トータルで負け越してしまう。


その行動を戒めるため「損は切って利は伸ばせ」という投資の格言があります。


・・・が、これを守ろうとする人の中に「利特大」を狙う人がいます。

こういう人は利益確定の時期を誤り、利益が損失になります。

利益を延ばせば延ばすほど勝率は低くなります。

どうですか?難しいですよね(笑)

利益確定も基本は損切りと同じです。

取引を始める前に利益目標を立てます。

その目標は現実的に到達可能な価格か?

次にリスクに見合うリターンかを計画してください。

この場合のリスクは自分の設定した損切りポイントで計算し、エントリーポイントから

その損切りポイントより幅が大きいか計算します。

例えば2万円の利益のために10万円損失のリスクを抱えるのは愚の骨頂です。


次に取引中は相場の日々の小さな上下に振り回されないようにする事です。

利益が出ているのですから、焦って途中で小さく利益確定してはいけません。

利確も損切り同様に外部要因を考えます。

目標価格を突破しても、まだ上昇余地が見込めるなら追いかけるのもありです。

上昇余地はもちろん自分の勘や気分ではなく相場環境の

変化や、テクニカル的に見て等の外部要因の判断です。

追いかける場合、できれば最初に設定した損切りポイントを変更します。

俗に言うトレーイングストップ注文です。

この場合は利益を保ったポイントが望ましいのですが、そのポイントに何の根拠もなければ

変更すべきではありません。


何の根拠もないポイントに変更すると、トレーイングストップ注文は大抵小さな利確で終わるのが

ほとんどです。

利益を保ちたいが損切りの根拠ある変更ポイントがない場合はその場で利益確定する事。

利益を大きく伸ばしたい場合は、最初のロスカットポイントは変更せず、リスクを覚悟する事です。


最後に、短期売買の場合は経済指標や政策金利などの発表、連休前

には手仕舞うのが基本です。イベントスケジュールやカレンダーも計算しながら取引してください。


Date: 2012.02.04 Category: 資金管理法 Comments (0) Trackbacks (0)

損切り貧乏

投資をする人間で最低なのは損切りできない人です。

損切りできない人は投資で成功なんかできません。


ただし、損切りできるけど、いつもロスカットばかりで、いつもチョコチョコ損ばかりして負ける人がいます。

こういう人や状態を損切り貧乏と言います。

この原因の多くは価格の変動幅を考えずポジションをもつのが早すぎるのがほとんどです。・・・
Date: 2012.01.29 Category: 資金管理法 Comments (0) Trackbacks (0)

損切り(ロスカット)

利益確定はいつするか?損切りはいくらにするか?

投資をする人間誰もが悩む問題です。

こんな経験はありませんか?

損切りしたけど、自分が損切りしてすぐに価格は反転して上昇した。・・・・・
Date: 2012.01.28 Category: 資金管理法 Comments (0) Trackbacks (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。