スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

魔術師の秘法

ラリー・ウィリアムズはアメリカの有名な投機家です。

1987年、実際にトレーダーが自己資金で12ヶ月売買して利益率を競うトレーディング・コンテストであるロビンスカップで優勝し、

1年間で1万1376%(113.76倍)の脅威的なリターンを出し優勝した伝説のチャンピオンです。

この記録は未だに破られていません。

彼は数多くのトレード手法を考案しており、「ウップス」、「スマッシュデイ」、などの手法の他にもテクニカル指標のウィリアムズ%R(W%R)を発案しています。
Date: 2012.03.31 Category: 有効的トレード手法の考察 Comments (7) Trackbacks (0)

ゴールデンクロスの蜃気楼

これはゴールデンクロスに限った事ではありませんが、テクニカル分析を使う人は一度自分の使うテクニカル分析をもう一度基本的なところから考えてみてください。

例えば移動平均線のゴールデンクロスを一度考えてみましょう。
Date: 2012.02.29 Category: 有効的トレード手法の考察 Comments (0) Trackbacks (0)

転換社債アービトラージ戦略

転換社債とは、株式に転換する権利が付いた社債の事です。

社債として利息の収入と、もし株価が値上がりすれば株式に転換して利益を得られる金融商品です。

転換社債は、転換権を行使すると社債がなくなり、株式に変わります(転換したら社債には戻せません)。

転換する場合、例えば1株あたり500円で購入できるなどの権利があらかじめ決められています。

つまり、その会社の株価が今は300円だとしても、将来1株2000円まで上昇した時、自分はいつでも1株500円で購入できます。

このように株が大きく値上がりした場合、株式に転換して売却益を出す事ができます。

しかし、株が値上がりしない場合にも、社債として保有して、元本と利子を受取ることができます。
この特性を利用した投機戦略が「転換社債アービトラージ」です・・・
Date: 2012.02.20 Category: 有効的トレード手法の考察 Comments (2) Trackbacks (0)

タートルスープ

私が一番紹介したかった手法です。

リチャードデニスが育成した天才投機集団タートルは「ドンチャンブレイクアウト」を使用していたため、これを逆手にとったこの手法は、あのタートルを食い物にすると言う意味でタートルスープと名づけられた有名な手法です。


ブレイクアウト戦略は勝率が低くダマシにあうケースが多いのですが、この現象を逆手にとったのが「タートルスープ」です。


つまり、この手法は勝率が高い手法です。

しかもかなり応用のきく手法です。・・・・・
Date: 2012.02.08 Category: 有効的トレード手法の考察 Comments (0) Trackbacks (0)

聖杯

短期トレンドフォロー戦略の一つを紹介します。

「聖杯」という名前の手法ですが、その名に恥じない非常に有効的な手法です。

用いるツールは20期間指数移動平均線(EMA)とDMIのADXを使います。

Date: 2012.02.06 Category: 有効的トレード手法の考察 Comments (2) Trackbacks (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。