スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

相場の予測

私は株価や為替の今後の見通しについて、かなりの自信があり実績もあります。

短期視野でも長期視野でも大抵は価格の上下を的中させ、ほとんど外した事がなく、今までにかなり天井や底をとらえています。

今回は特別に今後の予測を記事にしたいと思います。

それは・・・



人気ブログランキングへ
 

もちろん大ウソですよ(笑)

こんな事書いてあるサイトや本などに騙されるとは思いませんが振り回されないように気をつけてください。

これから価格は上がるのか?下がるのか?

自分がエントリーした途端に価格が反対に動いた、自分が損切りした途端に価格が反発した。

不思議なほどに勝てない。

こんな悩みを持つトレーダーはきっと多いと思います。

とりあえず、上がるか下がるかだけを考えるのを一旦やめて、もっと大切な事を考えて見ましょう。

「フォール・ザ・リミットダウン戦略」

この戦略はストップ安をつけた銘柄をショートで狙う戦略です。

つまりストップ安をつけるくらい下げるという事は、安くなる材料が発生したから、今後も投げ売りによりこの方向性に行く事を期待した戦略です。

約定できるの?という話はまた今度にしましょう(笑)

ブレイクからのトレンドフォローみたいなものですね。

じゃあこれ使える戦略なのでしょうか?


「効率的市場仮説」

この仮説によると価格はランダムに動くものであり。実際マーケットで起こるトレンドは特定の時間軸を採用する事により、いかにも過去にトレンドが発生したかを錯覚してしまうものだそうです。

マーケットではトレンドなどは存在せず常にランダムであり、価格の推移のみに注目して収益をあげる事はできない。

つまり今日の株価が高ければ明日も株価が高くなりがちである事は決してないというものです。

実際、株式市場では価格が大きく下げた翌日には反対に上がる銘柄のほうが多いそうです。


私は一個人としての感想は「なるほど!なるほど!たしかに!」

短期間で大きく上下した場合はたしかにどこかで大きな反発があります。

すごく勉強になります。

しかしトレーダーとしての私の感想はこうです。

「それがどうしたの?」


「入り口と出口」

価格が動いたら逆張りするか?順張りするか?どれが正解か?

それはどこで仕掛けて、どこで手仕舞いするかで利益にもなるし損失にもなります。

行動経済学者のリチャード・セイラーの検証によると下落率の高かった銘柄を買ったほうが収益率も高く、急激な値動きのあとにはやはり大きな反発がある事をつきとめています。

しかし同時に、反発が起こるまではその方向性に一気に向かいやすく、必要以上に急激な値動きになる事実も見つけました。

この事についてリチャード・セイラーは投資家が最近の動きや情報を過度に重視し、長期的な視点を一時的に見失いやすい事を原因としています。

FRB理事の元ハーバード大学教授ジェレミー・スタインは新しいニュースが発表されてから株価に反映されるのに時間がかかるか否かの研究をしていました。

つまり大雑把に言えば、ある情報(材料)によってトレンドが形成されるかの検証です。

これによると時価総額の小さい銘柄ほど材料を消化するのに時間がかかる、つまりトレンドが続いた結果が出ました。

アナリストをはじめ、人から注目されていないような価格変動の小さい小型株がトレンドフォローにより大きな利益が出て注目度の高い銘柄ほどトレンドフォローによる収益率が悪化したそうです。

これは機関投資家に相手にされない、人から注目されない会社は悪材料が人に知れる事はなく、逆に好材料が出た時はどこかで取り上げられるケースがあるからです。

有名なマゼランファンドのピーターリンチは長期投資の銘柄選択の項目の1つに「馬鹿げた名前の会社」を挙げていますが、これは上記による理由によるものでしょう。

続いてジェレミー・スタインの見解によると、急激な値動きは市場参加者それぞれの動機が異なるためだと言います。

まず材料による売買を行う参加者達が買い入れ値が上がり、値上がりを確認したトレンドフォローの参加者が追随し更に値を押し上げ急激な値動きになるというものです。

その結果、ポジションを持った投資家が急激に増え、ちょっとした材料の変化により反転売買が起こりやすくなり価格が反転する。

上昇が上昇を呼ぶ動きはあるし、大きな値動きの後には反発があるのも事実です。

結局どっちが正解かというと、そんなものはケースバイケースだし、特定の時間軸を変えてみれば、どちらも正解である事が分ります。

大きく下げた翌日に反発するならば、下げてる最中にショートすればいいし、反発しそうなら決済してロングすればいい。

もちろん、そんな簡単なものではありません。

だけど、そうなんです。

トレードの負ける原因の多くは上下の的中率ではありません。

エントリーと決済が早すぎるか遅すぎるかのどちらかが大きな原因です。

上がるにしても下がるにしても、入り口と出口を考えなければいけません。

ちなみに私は今後、株が上がるか円安になるのかサッパリ分りません(笑)



人気ブログランキングへ
Date: 2013.01.05 Category: 投資の知識 Comments (6) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

FXMAX

Date2013.01.06 (日) 14:38:32

葵ただひとさん

思わず「続きを読む」をクリックしてしまいました(笑)
私も、レートが上がるのか下がるのかはさっぱりわかりません。
でも、しっかりプラス収支を継続できています。
入口と出口・・・ですね。
今年もよろしくお願いします。

ぬきち

Date2013.01.06 (日) 18:22:40

 
思わず、すなおにも騙されて、『つづき』をクリックしてしまった一人となりました。・ ・ 私も。
 
新年早々、出口と入り口を間違えたようなもんです。
 
よもや、ただひとさんに、こんな曲芸ができるとは!?!?
 
ブログの評価が一段、アップされましたよ。(にこ)

あっとないと

Date2013.01.06 (日) 19:58:30

ついにその境地にまで辿り着かれたのかと思いました。

やっぱり完璧な予測は無理ですよね。

自分の将来も予測できないわけですから、相場なんて・・・。

と常に思っていながらも興奮しながら「続きを読む」をクリックでした。

葵ただひと

Date2013.01.06 (日) 22:45:19

FXMAXさん、コメントありがとうございます。

「続きを読む」をクリックしていただいて光栄です(笑)

プラス収支の継続はFXMAXさんの真摯な取り組みから容易に想像できます。

こちらこそ今年もよろしくお願い致します。

葵ただひと

Date2013.01.06 (日) 22:49:35

ぬきちさん、こんばんは。

ぬきちさんを騙せるなんてとても光栄です(笑)

新年早々のイタズラで失礼しました(汗)

怒られずブログの評価が一段アップされて安心しました(笑)

葵ただひと

Date2013.01.06 (日) 23:11:20

あっとないとさん、こんばんは。

「続きを読む」をクリックありがとうございます。光栄です(笑)

せっかくクリックしていただけたのに申し訳ありませんでした(汗)

私も相場に完璧な予測は・天井底は無理と常に思っているのですが、やっぱりふと気にはなりますし、天井と底のとらえかた何とかならないか未だに考えています。

自分の将来ですかあ・・・そういえば自分の若い頃の想像と私の今の人生は全く想像できない歩みになっています。

最近の記事読ませてもらったのですが、あっとないとさんも専業始める前にいくつもの岐路があって今にいたるんですね。

ホントに相場も人生も予測は難しいです。


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。