スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

市場の選択と手仕舞い

トレードを始めたばかりの方、始めようとする方はまずはたくさんの市場を見てみる事をオススメします。

「あっちもこっちも見てられないよ」と思うでしょう?

その通りです(笑)

実際にはほとんど必要にならないものばかりかもしれません。

しかし、決して無駄にはなりませんのでまずは観察してみてください。




人気ブログランキングへ
 

値動きの大きなものをトレードすれば早く大きな利益を得られるわけではありません。

1つのトレードで大きな利益を得られる事もあるかもしれませんが、ボラティリティの高い市場でトレードすると決して良いパフォーマンスに結びつくとは限らないのです。

「言われなくても分ってるよ?」

私は昔それすら分りませんでした(笑)

ここで注意したい事があります。

逆もまた然りで、ボラティリティの高い市場が危険とは限りません。

それは資金管理次第です。

要は自分に合ったものを探すのが目的です。

次は損切りについて考えながらマーケットの値動きを考察してみましょう。


「テクニカルバリアのストップ」

例えば価格の高値または安値の転換点、直近レンジ、トレンドライン、キリの良い数字(0や5の値)付近が予想できる転換点になります。

おそらく多くのトレーダーはこのテクニカルバリアのストップを利用しています。

中でも最も多いのが直近の高値や安値でしょう。

しかし致命的な欠点があります。

読まれやすい事です。

5分足などの短い時間軸で作ったスイングの転換点やレンジの高値や安値の外にストップ注文をおくと、狙われるかのように価格が戻ってきてストップをつけた途端に価格が反転していきます。

ロスカットハンティング、ストップ狩りとか呼ばれるものです。

この動きは株式市場でも為替市場でも先物市場にも見られる動きです。

原因の真実はともかくマーケットでは昔からこの動きがあり、最近始まったばかりではありません。

そしてこのストップ狩りの動きに共通するのはボラティリティの高いものほどに多く現れます。

例えばポンドや原油なんかはこの動きが頻繁です。

ではこういったクセの強い場所での対応策はあるか?

あります。

1つはそこでトレードしない事です(笑)

冗談抜きでこれが分っただけでもかなりのプラスです。


しかしボラが大きいからといってそこでトレードできないというワケではありません。

トレードスタイル、期間によっても違いますし、何よりその値動きのクセが自分のトレードに合っている場合もあります。

「ボラがでかいから儲かるぞ!」「ボラがでかいから危険だぞ!」ではなく、その値動きを利用したトレーディングができるのであれば後は自分次第です。

ほとんどの人が勘違いしていますが、ボラが大きい分は損切りまでの幅を大きくする必要があると思うでしょう?

これは半分間違いです。

ボラが大きくとも一度動きだしたら逆行が少ない市場やパターンもあるからです。

手仕舞いを単純に価格の位置に設定ではなく、価格の勢いや時間を考慮し仕掛けを吟味する事によって直近高値・安値を絶対基準としないで動的な手仕舞い水準を設けるトレードがあります。

このモメンタムトレードはボラティリティの高い市場でも活躍できるデイトレードスタイルです。

このブログと相互リンクさせていただいている「FX専業トレーダーの生活!!」のあっとないとさんがまさにこのタイプで、お手本のような綺麗なトレードをしています。

トレードは自分のやりたい事を理解していなければ「どんな時」に損切りすればいいのか分りません。

「どんな時」にロスカットするかはあなたにしか分りません。

なぜなら損切りというのは自分の目論見が外れたときに行うものだからです。

あなたが「どこで」損切りしたら良いのか分らないのであれば、それは自分のやりたい事が自分で分らない証拠です。

もちろん絶対条件は自分の資産を1つのトレードで大きく減らさない事です。

しかし「どこ?」だけで考えるのは間違いです。

手法によっても期間によっても市場によっても違う事は分ってください。

だからまずは食わず嫌いしないでたくさんの市場を見て自分で考えてください。

自分に必要なものは吸収し、要らないものは削っていくだけです。

一見遠回りにみえますが「知らない」と「知っているけど必要ない」では中身が違います。




人気ブログランキングへ
Date: 2012.12.02 Category: 資金管理法 Comments (8) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

あっとないと

Date2012.12.02 (日) 17:03:59

ご紹介に預かり光栄であります。

私も今の手法に至るまでに様々な通貨ペア・時間軸で沢山の手法をマッドサイエンティストのように検証してきました。

>トレードは自分のやりたい事を理解していなければ「どんな時」に損切りすればいいのか分りません。

これは非常に重要なポイントだと思います。
どの価格まで逆行したら自分の思っているトレードでは無くなったのかを予め決めておく必要がありますね。

こういったことを本当に理解できるまでに沢山の授業料を支払いました。(笑)


葵ただひと

Date2012.12.02 (日) 19:48:07

あっとないとさん、こんばんは。

この記事書いていてすぐに思いついたのがあっとないとさんだったので紹介させていただきました。

あっとないとさんも、やはりたくさんの努力をされているんですね。

私もマーケットの洗礼を受けました。小額のスタートだったのでそれがせめてもの救いでした(笑)

スキナング

Date2012.12.06 (木) 22:17:21

こんばんは。お久しぶりです。
市場について、最近、感じることがあります。

私は昔から株式市場でトレードをしてきました。ここ数年は日経先物ばかりですが。

自分なりのルールをより確立するために試行錯誤している中で、ふと思ったのが、例えば、押し目戻りをルールにする場合、そのルールに合うチャートの形になるまで待つように心がけているつもりです。でも日経先物市場だけに限らず、他のダウ、香港、また株式に限らず、為替、例えば、ドル円、ユーロ円等の市場を見回して、押し目戻りのチャードパターンを示していそうな市場にエントリーするという方法は、良いのか悪いのかと頭を何度かよぎりました。その時、一つの市場で勝てないないのに、別の市場が良さそうだからと思っても、勝てるわけがないという感覚があり、一つの市場でやりとりし続けているのですが、自分のルールがあり、そのルールが適用できる市場を探すというスタンスなら、いくつかの市場をテリトリーにしても良いのでは?と少し思いはじめています。
葵さんのコメントを聞かせてもらえたら幸いです。

葵ただひと

Date2012.12.06 (木) 23:19:19

スキナングさん、こんばんは。

たくさんの市場を見てみるとたくさんの発見があります。

そのルールが適用できる市場を探し、いくつかの得意な市場をテリトリーにするのは良い事ですよ。

自分に合う市場が見つかる可能性があります。

おそらくスキナングさんはエントリー回数を増やしたいのだと思いますが、市場を増やすのは1つの選択肢です。

ただし、検証は焦らず慎重に行ってください。

スキナング

Date2012.12.13 (木) 13:07:15

こんにちは。


多くの市場を見てみようと思ったのは、コメントいただいた通り、エントリー回数を増やせるのではないかと思ったからなんです。 これから複数市場を見てみようと思います。

話は変わりますが、日経は急ピッチで上がり続けています。ドル円、ユーロ円も円安が急ピッチという感じのように思います。

ここ最近の動きで感じることは、日足ベースで、あまり押しを入れない上昇トレンドを続けている場合、いつ下落か分からないため、エントリーを見送っています。結局、かなり上昇してしまい、この上げにはご縁がなかったという感覚を抱き始めました。ただ、ここで反省するのは、日足の押しを待たずに、四時間足の浅い押しは何度かあったので(日足の押しまでにはならなかったわけですが)、一時間足を見て、エントリーするべかだったのかな?と思いました。ただ、日足は高値にいるので、エントリーに急著する気持ちがありました。

葵さんはどう考えますか?

葵ただひと

Date2012.12.13 (木) 16:04:27

スキナングさん、こんにちは。

本当の強いトレンドは押しや戻りのリトレースが浅いかほとんど入らないので、エントリーを見送ってしまうウチに入れなかったケースが多いものです。

これは他のトレーダーも多く経験していると思います。

入れない市場参加者が多いという事は潜在的に買いを入れる参加者がまだまだ多いので、痺れをきらした参加者が買いをいれぐいぐい上昇していきます。

押しや戻りが発生しないのは、ポジションを持っている参加者が、上値余地が大きい事を期待して、いまだ決済をしないからです。

ただし、問題はそういう状況の頻度・回数です。

こういうトレンドデイの相場は頻繁に起こるものではありません。

これを狙うのは純粋な中長期トレンドフォロー戦略です。

勝率は低いが利益が大きい戦略で、行うには売買ルールを一貫して行う必要があります。

スキナングさんはこのスタイルではありませんよね?

自分の手法で仕掛けられない場合は仕掛けないで正解です。

何が一番マズイかというと一貫性のないトレードは自分の持っている手法のエッジを自ら放棄していまう事です。

Kapok

Date2012.12.15 (土) 01:48:47

市場ごとのクセが分かるようになると面白いでしょうね。チャート見ただけで、「これはどこ」と分かるようになれば、見える世界も多彩に変わるだろうと思います。

そういうのがわかる人がうらやましいです。^^

葵ただひと

Date2012.12.15 (土) 14:57:44

kapokさん、こんにちは。

市場のクセが分ると、見えてこなかったものも見えて考えも変わります。

たしかにチャート見ただけでどこの市場か分ればすごいですね。

実際には気温のグラフをチャートにしただけで、どこかの市場のものと判別できなくなるほど難しいです(苦笑)

私はkapokさんの数学知識が羨ましいです^^

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。