スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

トレードの病

値上がりや値下がりを見てエントリーしたくなる。

ポジションを取りたくて取りたくて堪らない衝動にかられる。

これを世間一般ではポジポジ病といいます。

この症状、実は私も昔これになった事があります。

今あなたがそうであるならば、早くこの病気を治してください。

断言してもいいのですが、このままでは勝てません。




人気ブログランキングへ
 

トレードを行っていると様々な感情が沸き起こり、過度な感情はトレードを邪魔するものです。

値動きに魅せられウズウズしだしてエントリーする。

ルールを少し甘めに設定しロスカットまでの距離を大きくとりエントリーする。

執着心は損失を大きくするための愚かな行動しかとりません。

たとえそのトレードが勝ちになっても、このようなトレードを繰り返せばトレードのペイオフ・レシオ(利益と損失の比率)は悪化していき当然トータルの成績も悪化していきます。

「機会損失」

待ちきれない。エントリーの機会を逃したくない。

この状態にある人間が恐れているのは機会損失です。

つまり儲ける機会を失う事です。

値上がりや値下がりを見て、「ここで買っていれば」「ここで売っていれば」と始まり、エントリー回数を増やす事を考えはじめます。

しかし何かを得るためには何かを失います。


「損失機会」

トレードの回数が増えるという事は損失を受ける機会が増える事になります。

トレードはリスク負う行為ですから当然ですよね。

ところで、トレード回数が多いトレードってどんなものなのか?

それはきっとマーケットの動きを把握しているから?

値動きを全て説明でき、次の値動きが手に取るように分かるから?

違いますよね。

それだけ程度の低い薄っぺらなトレードという事になります。

資金が尽きるとき、それは相場の世界では死を意味します。

トレードは1つの取引で寿命を減らす可能性のある行為であり、文字通り命を賭ける行為です。

そうまでして取引するからには、それ相応の勝算が必要です。

その病的な症状でトレード生命を絶たれる可能性があります。

良いトレードのチャンスは毎日くるわけではありません。

バタバタ仕掛けてバタバタ手仕舞うのがトレードではありません。

トレードとは待つ事です。

自分の見つけ出した得意なパターンが来るまでじっくり待つ事がトレードです。

自分がポジポジ病である事に気付いたら一旦トレードそのものを中断してください。

トレーダーは値動きをコントロールする事はできません。

トレーダーにできるのは感情と資金のコントロールです。

トレードよりも大切な事がたくさんあるはずです。

相場から離れ落ち着いてよく考える事です。



人気ブログランキングへ
Date: 2012.11.18 Category: トレードの予備知識 Comments (8) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:

うたかた

Date2012.11.18 (日) 14:40:43

同感です。

わかっているのだけれど売買があまりにも開き過ぎるとどうしても鬱憤がたまってしまいます。
特に最近私の所有する株の動きが悪く、閉口しています。

10月ごろから早々と年末対策を打っています。
莢さんの最近の戦績はどうですか。

葵ただひと

Date2012.11.18 (日) 17:12:49

うたかたさん、いつもコメントありがとうございます。

閉口ですかw

そういう時もありますよね。

最近の私の戦績は回数少なめですがまずまずです。

お互い頑張っていきましょうね。

あっとないと

Date2012.11.18 (日) 23:21:24

この記事に書かれているトレードの過ちは全て経験済みです。(笑)

今思うに、私がポジポジ患者の時は、トレードでスリルを求めてました。一種のギャンブル中毒だったのかもしれません。

トレードを一番楽しんでいた時期でした。

葵ただひと

Date2012.11.19 (月) 07:40:54

あっとないとさん、おはようございます。

あっとないとさんも全て経験済みでしたか。笑

私もですw

これは多くの人がなってしまうのでしょうね。

一種のスリルを求めていたのは同感です。

私もトレードは最初の頃が楽しかったです。



Tansney Gohn

Date2012.11.19 (月) 17:17:07

>トレードとは待つ事です。

これは大切ですね。トラップトレードでも決済が少なくなる利益幅を狭くしがちですけど、経済指標などで動くときは大きく動きますから、結局利益幅を広くしておいた方が儲かったのにと後で思うことが多いです。短期は損気、利益は我慢料だと思います。

葵ただひと

Date2012.11.19 (月) 20:06:54

Tansney Gohnさん、コメントありがとうございます。

トレードスタイルが異なっても、やはり大切なポイントは共通してますね。

利益は我慢料!まさにその通りですね!

うたかた

Date2012.12.08 (土) 14:33:53

「閉口?」について考えてみました。

「閉口?」の言葉に引っかかって少し考えてみました。
少し高飛車な言葉ですね。
なぜそう感じたのでしょうか。
相場を戦場(軍隊)とイメージ(意識)していたからだと思います。
それゆえ高飛車な「閉口」という言葉が出てきたのだと思います。
なぜ「閉口」なのか。
戦場では常に勝つことが要求されます。
「負けてないけど勝てない。」それはイコール意識としては負けなのだと思います。
そこに鬱屈が生じて「閉口」となったのだと思います。
待つことも相場の戦略、鬱屈しないで待つにはどうしたらよいのか。
そこで、開き直って考えました。
海で釣りをする『釣り人』のイメージ(意識)で考えたらと思いつきました。
これなら待ち時間は浮きを見ているだけ、何の鬱屈もありません。

チャートは相場の羅針盤で、すごく重要だと思います。
そして、それを読み解く意識はもっと重要だと思います。

葵ただひと

Date2012.12.09 (日) 14:36:25

うたかたさん、こんにちは。

閉口についてずいぶん深く考えてらっしゃいましたね!

なるほど、釣りの心構えで行けば大局的なフローを見失わず、心も乱されないですね。

マーケットを友とせよという格言もありますので、穏やかでありながら強いトレードが出来そうです。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめ【トレードの病】 from まっとめBLOG速報
値上がりや値下がりを見てエントリーしたくなる。ポジションを取りたくて取りたくて堪らない衝動にかられ >READ

2012.11.19

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。