スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

ブログさぼりマン~綱引きを観戦~

突然ですが、すいません。

先週、私用で忙しくブログの更新さぼりました。

今週も時間がなく・・・・雑記を書きます(汗)

というのも、私は文才がなくてブログの記事1つ書くのに8時間くらいかかる事があるんです(笑)

最近は特に、ネタ何にしようか考えるのに時間かかります。

ブログ始めて早くもネタ切れの予感(笑)

来週はチャートパターンか分析・検証の注意点にするかで迷っていますが、その先は・・・

なんかリクエストあれば助かります(笑)

それと文章で伝えたい事を書くのって難しいですね。

書いてる途中で気付く意味不明の文章

誤字脱語の嵐

正規の日本語から窓を明けてのスタートとなっております。

ホントニイミフメイナンデスヨ

・・・来週はちゃんとした記事を書きますので、末永いお付き合いをよろしくお願い致します(汗)


昨日、小学生になる甥っ子の運動会に行ってきました。

ピカピカの1年生です。

本人いわく「オレ綱引き強いよ」と言っていましたが、私も大人なので「白組が強いのでは?」とか野暮な事は言いません。

そして、綱引きは甥っ子(白組)が勝ちました

そのときの甥の笑顔が忘れられません。

いや、勝つ前から既に笑顔だったかな?w

愛してるよ!ヒビキ!



人気ブログランキングへ
Date: 2012.09.23 Category: 雑記 Comments (6) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

スキナング

Date2012.09.27 (木) 21:21:12

はじめまして。
いつも、ブログ読むのを楽しみにしてでいます。


資金管理の大切さをひしひしと感じています。

次のことでコメントいただけたら幸いなのですが。

私は日足ベースで押し目買いや戻り売りを狙ってスイングトレードをしています。
資金管理が甘いと反省しています。

ロスカットは1.5%程度とした場合、日足は時間足より値幅があるため、日足ベースのエントリーだとロスカット幅が大きくなり。一回の投資金額を少なくしてのエントリーとなります。
またトレード回数が減ると思います。 一方、例えば四時間足だとロスカット値幅は日足より小さいため、資金は日足よりは多くなります。
両者に大きな勝率の違いがあれば別ですが、日足よりも利益が少なくともエントリー回数がそこそこある、つまりは押し目を作る回数が多い時間足の方が利益の増えかたが多いように感じているのですが、いかがでしょうか?

あまり短い時間足だと騙したが多そうなので、よくないとは思いますが。

それとも、日足と四時間足ぐらいの差はあまり違いはないですか?私は日経平均でトレードしています。

うまく表現できていないかもしれず、すみません。

葵ただひと

Date2012.09.27 (木) 23:34:32

スキナングさん、はじめまして。

いつもブログ読んでいただいてありがとうございます。

スキナングさんさんのおっしゃるとおり、日足よりも短いスパンの時間足のほうが仕掛けるポイントは増えるため、成功が続けば利益の増え方は格段に上がります。

ただし、逆を言えば損失を被る機会が増えることにもなります。

これは私の私見で何十年分の検証をしたわけではないのですが、日足と4時間足ではダマシの差はあまり変わりがないと思います。

問題は5~15分足で、こっちはダマシばっかり。値動きに振り回されます(笑)

日経平均なんですよね?

60分足すごく重要なので、絶対に見ておいてください。

形は4時間足とほとんど同じなんですが、もう少し細かくみる事ができます。

もちろん方向性を見失わないために4時間足も見ときます。

オススメするのが分割売買で、仕掛けを分割させて増し玉していくトレードです。

例えば上昇トレンドが発生すると仮定します。

当然ですが価格の動きはいつも短い時間足からスタートします。

一定レンジをブレイクしたら仕掛けポジションを1つとります。

思惑とおり価格が上昇し、含み益がでたら、次に60分足や4時間足で上昇基調を確認し、トレンドラインを引いて押し目を狙ってもう1つ仕掛ける。

日足レベルでのレジスタンスを抜けブレイクすればもう1つ、どこかで玉を建てる。

いままで通り日足レベルで押し目や方向性を分析しながらでOKです。

いや、そうすべきです。

これに加えて60分足を使って仕掛けるポイントを小分けして玉を建てていき、数枚はデイトレ単位のロスカット幅で損切し(例えば60分足で引いたトレンドラインの少し下)、数枚はスイング単位のロスカット幅(過去2日安値など)でリスク管理していけば、エントリーチャンスを増やし、リスクを軽減させる事ができます。

あとは、過去記事の「チャート分析」カテゴリにある「リトレイスメント」の記事と有効的トレード手法の考察にある「ライントレード」と「聖杯」の記事をよかったら参考にしてください。

うたかた

Date2012.09.29 (土) 19:16:25

なかなか糸口が見つかりません。
まさに水に浮かぶうたかたの如し。

相場はメビウスの輪を行くが如し。
今勝っているかと思えば、次の瞬間負けている。
いつ裏側に回り込んだか気がつかない。
資金とは何か、対して資産とは何か。
含み益とは何か、対して含み損とは何か。
自分は今どっちを向いているのか判らなくなってしまった。

基本の戻って、資産とは何か、資金とは何か、自分をどう評価すればよいのか、取り留めほない質問ですみません。考察していただけないでしょうか。

葵ただひと

Date2012.09.30 (日) 22:43:53

うたかたさん、こんばんは。

ニックネームの由来はそこからでしたか(汗)

相当参ってるみたいで(苦笑)

身銭切ってトレードしている人間なら、みんな分かると思います。

根本的な相場に関する全体みたいな考察でよろしいでしょうか?

来週あたりまでに記事作ってみます。

それと、糸口はなかなか簡単には見つかりません。

というよりも相場じたいが不確かなものですので。

私もしょっちゅう負けますよ(笑)

うたかたさんの求めるものは、どうやったら利益をだせるようになるかですよね?

ちょっと偉そうなこと言いますが、利益を出すには損失と向き合うことです。

チャートと自分の取引履歴もみてください。

相場の上か下かは断言していいますが、誰にも分かりません。

スキナング

Date2012.10.01 (月) 00:15:25

葵ただひとさん

早々にお返事をいただき、ありがとうございます。とても分かりやすく、感謝しております。

日足より短い足を軸にした分割売買ですね、とても参考になります。

この土日に少し日経平均の60分足を眺めてみました。 そこで、いくつかお聞きしたい点が浮かんできました。できれば、次の疑問についてご教示いただけますでしょうか? (初歩的なことかも知れず恐縮です)


①上昇相場の場合、60分足で押し目買いを狙ってのエントリーポイントは、安値と安値を結ぶトレンドライン付近をイメージしました。具体的にはトレンドラインにタッチした時点でロングエントリーが宜しいのでしょうか?トレンドラインで押し目が終わる可能性は高いと思いますので、1つの手法だと思いました。 私は押し目買いする場合、押し目が終わり、少し上昇してきたらエントリーするように心がけているのですが、上手くいかないこともあります。
日足や四時間足での押しが終わり、上昇に転じた可能性が高いことを確認するために、60分足が上昇し、少し下がるも直近安値を下回らずに再度上昇して押す前の高値を越える動きを意識しています。
もし、いまのエントリー方法は1つの手法だとした

葵ただひと

Date2012.10.01 (月) 02:42:08

スキナングさん、こんばんは。

ラインにタッチした時にエントリーする場合と、反発を確認してからの2通りやり方があります。

まず、反発を確認してからエントリーするやり方。

どちらかというと、こちらのほうが健全な順張りのやり方です。

確率的にいえばこちらのほうが優位と思います。

しかし、かわりにロスカットまでの距離が長くなり、失敗したとき損失が大きくなります。

そして、もう一つの問題点が、どの程度を反発と捉えるかです。

タッチした時にエントリーする方法はロスカットまでの距離をかなり小さくできる利点を持っています。

しかし、成功するにしてもラインを少しは突き抜けられる可能性が非常に高いため、きついストップを入れておくと損切り貧乏になる可能性が高い事です。

これはどちらが良いのかではなく、どちらかとれば何かを得る代わりに何かを失うトレードオフの関係にあります。

私は最近日経平均はトレードしていないのですが、他のトレードでもラインにタッチしたらエントリーを採用しています。

実際にはラインタッチだけでなく、もう少し条件が揃った時なのですが、それでも損切りはかなりやります。

スキナングさんの上昇に転じた可能性が高いことを確認するために、60分足が上昇し、少し下がるも直近安値を下回らずに再度上昇して押す前の高値を越える動き、これは利点を持ったいいトレードですよ。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。