スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

トレードの規律

トレードにおいて負けはつきものですが、この負けの理由は個人によって

偏りのクセがあり、いつも同じ理由で負ける事が多いものです。

自分の負けパターンを把握していますか?

多くの人間に共通するパターンがいくつかあります。



人気ブログランキングへ
 

「仕掛け急ぎ」

これは明確なトレード手法を確立していない人、ファンダメンタルズ分析だけで取引する人、イベントスケジュールを先読みしすぎる人に多く見られます。

思惑買いだけで勝てるほど相場は甘くありません

株式でも為替でも相場には波があり、一直線な動きはありません。

人間には「アンカリング」という判断する際に特定の特徴や情報の断片をあまりにも重視する認知バイアスがあります。

思い込みによって待ちきれずに早く仕掛けた結果、含み損のポジションを長く持つハメになります。

結果、損切り貧乏やロスカットの幅を大きめに取る事になり、せっかくの分析が正しくても資金が減るという結果に終わります。


「ロスカットの躊躇と変更」

問題外です(笑)

ですが、気持ちは分かります。

たしかに損切りしないで反転する可能性が多くあるのは事実です。

損切りしなければ勝てたトレードは私も多くあります。

しかし、それは結果論です。

自分の仕掛けのツメが甘かった、対象資産のボラや抵抗帯のノイズの研究不足など敗因はたくさんありますが、トレードは負ける時は負けるもの、勝つ時は勝つものです。

エントリーからロスカットの幅は最終的にどこまでにすればいいか正解はなく、考えてもキリがありません。

分かっているのは、ロスカットを遅らせると、もう後戻りが出来ない事です。

下手なナンピンもロスカットの躊躇も現在行っている、たった一つのトレードに執着しすぎです。

今現在の相場環境がそんなにおいしい相場ですか?

現在含み損が出てるポジションのトレードはそんなに大きな利益がでる逆転の可能性がありますか?

違いますよね。

まずは冷静になりましょう。

自分の判断は間違ったと思ったトレードに「時間」と「資金」を費やしてはいけません。

チャンスは必ずやってきます。

次のトレードに期待して割り切ってください。

満足のいく勝ちになるトレードの多くはエントリーしてすぐに含み益がでます。

もちろん全てがそうなるわけではありませんが、ロスカットルールは厳守してください。

ロスカットルールがない?

だからそれは問題外です(笑)


「トレード回数の増大」

負けトレードが悔しくて損失を取り戻すためにトレード回数が増える事があります。

これは損失を取り戻したいだけの規律のないトレードで、ナンピンと同じ行為です。やってる事は変わりません。

そして、このパターンのトレードはほぼ全て敗北に終わるでしょう。

恐怖でいっぱいの人間はいつも以上に利益確定を急ぎ、大きな損がでれば、もう後戻りできなくなります。

規律のないトレードは心理的に「損小利大」ができません。

トレード回数が増える事は手数料やスプレッドなどのコストもジワジワ効いてきます。

このコストは思っている以上に大きいものでナメてはいけません。

「取り戻さなくては」と感情的になれば次のトレードは既に敗北が決定しています。

だから絶対に感情的なトレードはしないでください。


トレードを始めたばかりの方に例を挙げます。

トレード戦略の基本カテゴリを参照してください。

まずはどの戦略を使用するか?

この時大切なのが、短期売買でも長期的な視野を持つ事です。

「マルチタイムフレーム分析」と「価格の抵抗帯」の記事を参照してください。

戦略が決まったら「目標利益」を考えます。

例えば価格の抵抗帯で「カウンタートレード戦略」を行い、抵抗帯で反発する価格が平均30だったとします。

だとしたら損切りは最高でも15で損切りです。

15が小さすぎてノイズがロスカットにかかるというのであれば、仕掛けポイントをずらしてください。

実際のトレードの利益確定はここから分割決済やストップを建値にずらすなどの工夫をして利益を追求します。

期待できる利益は想定する損失を超えなければトレードする意味がありません。

リスクリワードレシオは最低でも1:2です(最低1:3という話もあります)

そしてデイトレの1トレードのリスクはトレード資金の1~2パーセント未満にしてください。

2パーセントは小さすぎると思いますか?

2パーセントはかなり大きな数値です。

トレーダーによっては2パーセントなんか有り得ないと否定されてもおかしくないくらい大きな数値です。

ただ、あまりに小さいポジションもまた価値の少ないトレードになります。

たしかに安全なトレードができそうですが、集中したトレードができません。

どこかずさんなトレードになるはずです。

ポジションサイズは慎重に考えてください。

トレードで最も大切なのは戦略や分析ではなく「資金管理」です。

これに勝るものはありません。

たった数回の敗北で次のポジションサイズが小さくなるトレードは最終的に必ず破産します。


「負けパターンの対処法」

オススメするのが「トレード日誌」です。

面白いもので日誌をつけるとイイ加減なトレードをしなくなります。

同じ負けトレードでも人に見られても恥ずかしくない負け方を目指してください。

負ける時は負けるものです。

規律を守れた負けトレードであれば、自信を持って次に期待してください。

規律を守れる人間には必ず大きなチャンスがやってきます。

「仕掛け急ぎ」、「ロスカットの躊躇」、「トレード回数の増大」

これら失敗の原因に共通するのは「準備不足」です。

資金管理できていない。

自分のトレードスタイルやルールを確立していない。

まずは準備を整えてください

これはトレードだけではありません。

何事も大事な勝負というものは始まる前に終わらせるものです。



人気ブログランキングへ
Date: 2012.06.17 Category: トレード戦略の実践 Comments (4) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:

ゆきだるま

Date2012.06.21 (木) 00:14:55

初めまして

本日初めてこのブログを読ませて頂いたのですがすごいですね!
マーケットに対する分析、考察内容の深さに衝撃をおぼえました。
いや、マーケットだけではなくトレーダーの内面に関しても…

しばらくこのブログを読んで勉強させて頂きたいと思います。
これからも更新頑張って下さい!

葵ただひと

Date2012.06.21 (木) 01:11:47

ゆきだるまさん、初めまして。

そういっていただけるとブログのやりがいがあります。

トレーダーの内面については、過去記事にも記載してあるのですが、私は以前に退場経験があります。

それから本気で勉強してきたのですが、だから負けている人の気持ちは痛いほどよく分かるんですよね。

トレーダーの内面で特に負けの心理は誰よりも詳しいですよ(笑)

はい、これからも頑張って記事を更新していきますので、ご訪問お待ちしています。

嬉しいコメントありがとうございました。

あっとないと

Date2012.06.24 (日) 17:30:45

こんにちは、あっとないとです。
私のブログでも返信しましたが、記事の件、大丈夫ですよ。ご自由に使用してください(笑)

葵ただひと

Date2012.06.24 (日) 19:43:44

破産確率表の件ありがとうございました。

早速貼らせていただいてます(笑)

画像いただいて助かりました。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめtyaiました【トレードの規律】 from まとめwoネタ速neo
トレードにおいて負けはつきものですが、この負けの理由は個人によって偏りのクセがあり、いつも同じ理由で負ける事が多いものです。自分の負けパターンを把握していますか?多くの... >READ

2012.06.20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。