スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

ライントレード戦略

特に珍しくもないありふれたシンプルなトレードでありながら、きわめて有効なトレード方法があります。

今回紹介するライントレードです。

「ブレイクアウト」「カウンタートレード」「トレンドフォロー」のどの戦略にも使用できる手法です。



人気ブログランキングへ
 

マルチタイムフレーム分析を使用してください。最初の分析にローソク足は日足を使って判断します。

「ライントレード」

一定期間の高値の水平ラインと安値の水平ライン。

このレジスタンスラインをどちらか突破すれば価格は大きくその方向に動きます。

また価格がトレンドラインを突破すれば同じくブレイクアウト現象が起こる場合もあります。

「レンジブレイク」「チャネルブレイク」と呼ばれる基本的なブレイクアウトです。


ここからがポイントです。

相場では抵抗帯と呼ばれる価格の節目があり、ラインもその1つです。

価格の抵抗帯の記事を参考にしてください。

抵抗線であったラインは価格がラインをブレイクすると、次は支持線となります。

価格がラインをブレイクしても、カウンタートレードを仕掛けるプレイヤーや利益確定の圧力により、一旦このラインに価格が戻ってくる事が多くあります。

「リターンムーブ」と呼ばれる現象です。

リターンムーブでラインをタッチした時はエントリーチャンスになります。

つまり、ここも仕掛けのポイントです。

抵抗線だったラインは支持線となる抵抗帯に変わるからです。

トレード戦略の基本カテゴリの「ブレイクアウト戦略」の記事を参考に判断してください。

ただし、一気にブレイクして二度と戻ってこない場合もあります(笑)

そこが相場の難しいところですが、この時、遥か遠くに価格が離れてしまった場合は無理に追っかけしてはいけません。

そのときに使用するのがリトレイスメント(価格の調整)の押し目買いです。

フィボナッチを利用した「フィボナッチリトレースメント」で出した抵抗線で押し目を狙う事も有利な仕掛けができます。

日本でも半値戻しという概念がありますね。

このようにブレイクアウトしてもすぐに仕掛けるのではなく、突破を確認し、押し目や戻りを狙う事ができますので、ブレイクに乗り遅れても慌てる事はありません。

判断が難しいと感じた時は「トレード」をしないという選択肢も身に付けてください。

ライン突破は一時的なノイズである事が多く、日足の高値や安値というのはかなり強力な抵抗帯です。

つまりダマシが多いので、突破を毎度狙うのではなく、ラインブレイクのエントリー判断は慎重にしてください。

ブレイク狙いよりもサポートラインの反発を利用し、押し目のエントリーでトレンドフォローを仕掛ける方がはるかに有利なのが事実です。

ブレイクアウトのポイントはカンタートレードのポイントでもあります。

この抵抗帯で「カウンター」が勝利するか「ブレイクアウト」するかは誰にも分かりません。

どちらにせよ、ここから「トレンドフォロー戦略」に移行できる事がこのライントレードの最大の利点です。


大切なのは資金管理とトレードプランをあらかじめ決めることです。

上昇した場合と下落した時の両方のシナリオを想定し、適切なロスカット水準を考えてからエントリーしてください。


トレードを始めるときに最初に考えるべき事は「損益比率」です。

勝った時、そのトレードで期待できる利益はいくらか?

失敗したときの損失はいくらか?

ここからトレードが始まります。


例えば私とゲームをしましょう。

勝ったらミカンをあげますが、あなたが負けたら私に車を買ってください。

こんなゲーム誰も参加しませんよね?

勝ってもリターンが小さいのに、大きなリスクを取るのはおかしな行為です。

にも関わらず多くの人間が、このゲームに似た条件でトレードをしています。


「期待できる利益は失敗した時の損失を上回る」

これはトレードする最低条件です。

絶対成功する手法なんてありません。

勝ちと負けを繰り返す覚悟をしてください。

だからこそ、仕掛けは慎重に、いかに負けを減らすか?いかに小さなリスクで大きな利益が狙える局面か?

手法や戦略よりもここが大事です。


ちなみに、このブログには手法や戦略の記事にわざとチャート画像など掲載していません。

成功した都合の良いチャート画像など探せばいくらでも抽出する事ができ、相場は似たような展開をする事があっても、全く同じ相場などありません。

成功した事例はもとより失敗した時のチャート画像も探してください。

この失敗した事例をもとにマーケットから脱出する適切なロスカット水準を考えてください。

他者の検証や成功した手法の紹介は信用せず、自分で検証することが大事です。

もちろん私の言うことも鵜呑みにしてはいけません。

もっと最善の方法が存在し、もっと有利な仕掛け水準を発見できるかもしれません。

これらは自分で検証し、自分で考えてこそ初めて応用ができるものです。




ライントレード等、短期売買に役立つ関連記事

トレードプランの選択

損失を小さく利益を伸ばす方法



Date: 2012.06.10 Category: 有効的トレード手法の考察 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。