スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

メンタル

トレードにおいてメンタルは重要な要素の1つです。

精神論だけでは利益をあげる事はできないのが現実ですが、この「メンタル」がしっかりしていないと、相場で生き残る事はできません。


大抵の人間は負けが続くと、取り戻す事で頭がいっぱいになります。

そして損失が大きければ大きい程、冷静な判断ができなくなります。

これにはいくつかの対処方法を知らないといけません。
 

「リスクへの覚悟」

初心者ほど損失に対する覚悟ができていません。

どこか夢見がちで勝ったときの事しか考えず、多少の損失でも動揺します。

トレードしないときに限って自分の思惑通りの動きになる事がありませんか?


満足のいく勝ちになった時のトレードは大抵ポジションをとってすぐに利益がのっている事が多いはずです。


これは自分の分析が正しく、ベストなタイミングでエントリーできたのもありますが、ここにもメンタルの影響があります。

ポジションに利が乗っているときとは余裕があるせいか、相場を少し冷静に大局的に観察する事ができます。

価格の抵抗帯での値動き、勢い、今後の経済指標のスケジュールのチェック、目標値で数枚は利確するか、更に伸ばすかのタイミングを計りながら相場の材料も複合的に考えています。

しかし、まともな精神状態でない時はこれらの事を考える余裕は少しもありません。

負けた次は、取り戻すために恐怖でいっぱいのまま無謀なエントリーを繰り返します。

損失にブレずに戦略を遂行するトレードを続けるには、最初から損失が出るのは当たり前という覚悟をする事です。

リスクへの覚悟がなければ「絶対」に勝てるわけがありません。




「根拠のある手法・戦略の検証・理解」

トレードには「適度な自信」が必要不可欠です。

自分の手法や戦略に疑問を感じた段階で、勝てるものも勝てなくなります。

まず、ハッキリ自覚してください。

有名なスーパートレーダーも連敗があるように、どんな有効な手法や根拠のある戦略でも「必ず」連敗があります。

つまり、連敗しても自分のトレード手法や分析が無効であると決まったわけではないんです。

たかだか3~5連敗しても特段珍しくもありませんし、恥じる事もありません。

連敗するような手法は無効で意味のない手法だと思った方は「算数」の勉強をやり直してください。


簡単に自分の手法や戦略を見直す事はかえって危険です。

どんなに優秀なトレーダーでも、どんなに有効な手法でも必ず連敗はあります。

無い方がおかしいんです。

短期的なトレード成績はまぐれが続いた有頂天なトレーダーに勝てません。

結果は「後から」差が出ます。


連敗が続けば誰でも自信がなくなる時もあります。

しかし、ほんの少しくらいの損失で、自分の手法に疑問を感じるという方は「勉強不足」の証拠です。

自分の使う手法を自分でよく検証していない、理解できていないまま使用しているからです。

トレードには手法・戦略にたいする深い理解が必要です。

手法・戦略には得手不向きの対象資産・時期もあります。

うまく機能しないとすれば、手法そのものではなく相場の現状分析に問題があるかもしれません。

アレはダメこれはダメなど、何も理解しないまま新しいテクニカル分析を試したがっているようでは、いつまでたっても「占い師」から卒業できません。

自分で考え、自分でよく検証し、自分の信頼できる手法・戦略を発見してください。

多少の連敗にも簡単に疑問を感じないはずです。



「資金管理」

次に資金管理です。

トレードに適切な「メンタル」を維持するには「ポジションサイズ」も影響してきます。

まず、大きなポジションを取れば勝てるものも勝てなくなります。

トレードをする目的は「利益」を上げる事です。

「損小利大」のトレードをしなくてはいけません。


普段よりも大きなポジションであれば少し価格が動けばいつもよりも大きな含み益がでます。

ここで、恐怖でいっぱいの人間はいつも以上に利益確定を急ぎます。

大きな含み損がでれば、もう後戻りできなくなります。

つまり「メンタル」が正常でない時は1番大切な手仕舞いもメチャクチャになるんです。


人間である以上、大きなポジションを持てば勝率は必ず下がるはずです。

小額のポジションで勝てない時に、大きなポジションを取った所で勝てるわけがありません。

「休息」

○リスクへの覚悟

○根拠のある手法・戦略の検証・理解

○適切な資金管理

これらができていれば多少の損失や資金の減少にも大きくブレないはずです。

しかし、人間の精神は生身の肉体以上に脆いもので、敗北が続けば正常なメンタルを維持する事が難しい時もあるでしょう。


ここで勝ちに転じる人間と、負けに終わる人間の差がハッキリ出ます。

勝ちに転じる人間は、負けが続いた時にスパっと休む事ができる人間です。


どんな事をしても負ける相場ってあるんです。

すさまじい大きな下落相場は、どんな人間でも危険な相場とわかるでしょう。

しかし、実はそれ以外でも手を出してはいけない危険な相場があります。

まず「方向感の出ない相場」です。

いっけん無難に見える相場が危険な時期もあります。

分析していた価格の抵抗帯も全く機能せず、手法・戦略以前に短期トレード自体が全く通用しない相場があります。

何もしない事が最良の時期があるんです。


トレードに損失はつきものです。

トレードするなら損失を受ける覚悟をしてください。

綿密な分析をし、自分で理解した根拠のある戦略を行っている方は多少の敗北なんかにブレないでください。

損失の連続に耐えれる適切な資金管理を行っていれば必ずチャンスを掴めます。

時には休んでメンタルのケアも必要です。

慎重なタイミングで自信を持ち、勝っても負けても納得のできるようなトレードをしてください。




人気ブログランキングへ
Date: 2012.05.14 Category: トレードの予備知識 Comments (2) Trackbacks (2)

この記事へのコメント:

Kapok

Date2012.05.15 (火) 00:27:50

こんばんは。
「負け」から学べる事は多いですね。^^

葵ただひと

Date2012.05.15 (火) 09:29:42

kapokさん、こんにちは。

「負け」は味わいたくないものですが、学ぶべき事を教えてくれるんですよね。

コメントありがとうございます。


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめtyaiました【メンタル】 from まとめwoネタ速neo
トレードにおいてメンタルは重要な要素の1つです。精神論だけでは利益をあげる事はできないのが現実ですが、この「メンタル」がしっかりしていないと、相場で生き残る事はできませ... >READ

2012.05.14

>>リーマン・ショック後のダウ平均株価推移 下落幅と下落時間について from Kapok の資産運用
リーマン・ショック後のダウ平均株価推移のチャートを作成しました。 使用したのは、2008年8月1日から2009年8月31日までの株価データです。 >READ

2012.05.27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。