スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

マルチタイムフレーム分析

マルチタイムフレーム分析とは、複数の時間軸を見て、
相場の大局的な視点と局所的な視点からトレンドの方向や転換、エントリーポイントを探る分析方法です。

まずは・・・
 

週足や日足で大きなトレンドの
方向性を把握し、さらに、4時間足、1時間足で
日中のトレンドの方向性を確認してください。

さらに30分足や15分足で直近の継続的なトレンドを
確認、5分足や1分足は有利なエントリーポイントの
判断だけに利用します。

※1分足の正しい見方は知識のある経験者でないと使いこなせませんので、見方に自信がない場合は5分で判断してください。


この分析は株式でも為替取引でも使います。

要は、複数の時間足で相場を分析することです。

この分析は非常に重要ですので必ず身に付けてください。

なぜマルチタイムフレーム分析が重要なのか説明します。

ローソク足で考えて見ましょう。

ローソク足には陽線と陰線がありますよね?

上昇トレンドでは陰線よりも陽線のほうが出現しやすく、下降トレンドでは陽線よりも陰線のほうが多く出現するか、その方向に大きく動きます。


つまり日足、1時間足、15分足3つのチャートが全て上昇を示していた場合、5分足も陽線になる可能性が高いのです。

トレンドを見た場合も、やはり同様のことが言えると思います。

日足を確認し、大きなトレンドが上昇している場合、そのトレンドが続く限り、日足より小さなの時間軸での値動きやトレンドも同方向へのトレンドが多かったり同方向への動きの方が大きな値幅を期待できます。

また、これは後日あらためて記事にまとめる予定ですが、相場には予測できる抵抗帯が存在します。

一定期間の高値や安値、価格が「0」のつくキリのよい数値、移動平均線などを利用したテクニカル的な価格水準など、価格がその水準まで近づくと、思わぬ反発が起きたりします。


短期チャートだけで相場を見てると不可思議な所で価格が反発し、突如として今までと全く逆の方向に価格が動き出すように見えますが、相場を長期的なチャートであらためて確認してみてください。

長期のチャートで確認すると、その水準が重要な抵抗帯だった事に気づく事があると思います。

実際に私はこれに気付かず損失を繰り返した経験が過去にあります。

まさに「木を見て森を見ず」で、例えデイトレであっても長期の視野を持たないと大きな痛手をうけます。

しかしマルチタイムフレーム分析を普段から行っていれば、一時的な値動きとトレンドとの錯覚をおこさず、短期チャートで見る事のできない価格が反発する重要な抵抗帯を探る事ができます。

これは忘れないでください。取引で損失を避け、利益をあげる為には、勝率の高い手法よりも相場の状況を正しく分析する事の方が遥かに重要なのです。


人気ブログランキングへ
Date: 2012.03.15 Category: チャートの分析方法 Comments (13) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

ナホコ

Date2012.03.15 (木) 16:39:03

こんにちは♪
マルチタイムフレーム分析って初めて知りました(~_~;)
これに限らずまだまだ知らないことだらけですけどね。
もっと色々とお勉強しなきゃなぁ・・・
株って奥が深くて難しですね~。

葵ただひと

Date2012.03.15 (木) 23:40:48

ナホコさん、コメントありがとうございます。
そうでしたか。マルチタイムフレーム分析もっと早く紹介すれば良かった(笑)
ホント奥が深いですよね。

ニートトレーダー

Date2013.02.21 (木) 20:45:33

こんにちは、参考にさせてもらっています(´・ω・`)
5分足でレンジブレイクしていく際に、マルチタイムフレームの考え方を参考にしようと思っています。
たとえば、レジサポラインを一度ブレイクして、押し目を作ってからさらに下落(又は上昇)していくパターンがありますよね。

この際の押し目は5分足では形成されていますが、10分足・15分足で形成されるには、少し時間がかかりますよね。
5分足で押し目が形成されたから即エントリーするのではなく、10分・15分足も確認してからエントリーした方が良いのでしょうか?
だとしたら、上位の何分足まで見れば良いものでしょうか?

葵ただひと

Date2013.02.21 (木) 22:14:09

ニートトレーダーさん、はじめまして。

例えば5分足のような短い時間足でみた際にはレンジブレイクのように確認できても、上位の60分足ではたいしたレンジのうちに入らない動きだったりします。

そういった小さな動きに惑わされないよう使うのがこのマルチタイムフレーム分析です。

具体的には短期・中期・長期のような考え方で区切ってみてください。

例えば私が主に見ているのは日足・60分足・15分足・1分足です。

使用する足は人それぞれのスタイル・期間があり、これが正しい!というのはありません。

ただし、上位の足で絶対に確認して欲しいのが60分足~4時間足のどれかh単位の足です。

テクニカル的にすごく重要な足で、テクニカルの教本ででるような動きはここで綺麗に出ます。

日足単位での直近高値・安値もこのh単位足だと簡単に確認できます。

なので日足を見ない人もいます。

自分のトレードのスタイルをよく考えて、自分のポジション保有期間に合った足を探してみてください。

上位の時間足での方向性と短い足での方向性が一致した方向にだけトレードしていくのがマルチタイムフレーム分析の基本的な使い方になります。。

なのでニートトレーダーさんの5分足でのブレイクに使用する場合は、例えば60分足で上昇中の場合、レンジブレイクは上昇のブレイクだけを狙っていくような使い方です。

5分~15分足はここでいう短期に値し、どれか1つ見ればそれだけで十分ですよ。

ニートトレーダー

Date2013.02.22 (金) 12:38:39

ありがとうございます。短期・中期・長期と考えるという例えが、すごくわかりやすかったです。
今日から実践してみます(´・ω・`)

葵ただひと

Date2013.02.22 (金) 14:43:34

ニートトレーダーさん、わざわざありがとうございます。

検証頑張ってください。

ニートトレーダー

Date2013.02.22 (金) 19:36:12

こんばんわ、マルチタイムフレーム分析の考え方について、再度質問させてもらってよろしいでしょうか(´・ω・`)

私は1分足をメインにスキャルピングをしていて、上位のローソクも参考にするのですが、判断が主観的になりがちです。「2時間足で上昇傾向だから、1分足も買いエントリーしよう」といった具合です(1分足においての2時間足は、方向性を合わせる意味はあまりなさそうですが)。

ただ、ここの判断がかなりあいまいになります。
「上に向かっているのか、下に向かっているのか微妙だな」という具合にです、、、。
ですから、何か数値としてそれらを判断できるテクニカルがほしいのですが、何が適切なのでしょうか。
例えば、2時間足における流れを確認したいのなら、120EMAの流れを見るといったことも有効でしょうか?

こちらの方が主観的にならないと思うのですが。
お暇でしたら教えてください(´・ω・`)

葵ただひと

Date2013.02.22 (金) 23:18:36

ニートトレーダーさん、こんばんは。

スタイルはスキャルピングだったんですね。

2時間足における流れは1分足の120EMAでは確認できないと思います。

それだと2時間分の平均値なので、2時間足1本分になります。

流れまでを確認するのが難しいですね。

ただ、MAを使うのは1つの手段だと思います。

「上に向かっているのか、下に向かっているのか微妙」

これについては2つの原因があります。

1つは相場自体がそういう地合いのほうが多いものです。

だから、これはニートトレーダーさんの感覚で間違いないんです。

もう1つが自分の狙う値幅と時間が曖昧でよく定まっていない事が原因だと思います。

上昇か下落かはトレンドラインがシンプルで分りやすいですよ。

上位の時間足で高値の更新、安値の更新、値固め、安値の切り上がり、高値の切り下がり。

価格を直接見るのが1番現実的です。

↓こちらの記事も参考までにどうぞ。
http://aoi3142000.blog.fc2.com/blog-entry-59.html

ニートトレーダー

Date2013.02.24 (日) 07:19:41

ありがとうございます。
なるほど、ローソクの動きですね(´・ω・`)
全体の流ればかり見て、1本1本の動きを把握するのがおろそかになっていました。

葵ただひと

Date2013.02.24 (日) 23:57:06

ニートトレーダーさんへ

頑張ってくださいね。その努力が結果になって現れますよう応援しています。

ニートトレーダー

Date2013.03.19 (火) 11:02:19

こんにちは、再度お邪魔させてもらいます(´・ω・`)
MAを使ってマルチタイムフレーム分析を行っているのですが、質問させてください。

例えば、5分足においての120MAは、30分足においての20MA(ミドルバンド)に相当しますよね。
これをフィルターとして使う場合、「ローソクが120MAの上にある場合はロング、下にある場合はショート」などと出来ると思います。
ここで、疑問なんですが、「120MAを越えているが240MAは越えていない」なんていう状態になることもあります。240MAは1時間足における20MAに相当します。

そういった場合、120MAを上抜いたからといって、ロングエントリーしてもいいのだろうかと思います。240MAを越えていないわけですから、1時間足においては、ローソクがミドルバンドの下に位置しているわけですよね。当然、反発の可能性もあるわけです。

似たような質問で申し訳ありませんが、この点についてよろしければ教えてください。モヤモヤが晴れません、、、(´・ω・`)
どのくらいのMAまで見ておけばよいのでしょうか、、、。上の時間軸と方向性を合わせようと思えば、際限ないわけですが、、、。

葵ただひと

Date2013.03.19 (火) 16:32:12

ニートトレーダーさん、こんにちは。

これはドツボにハマってますねw

まず、MAの期間は見ている時間足に合わせたほうがいいと思います。

本当に際限がなくなりますので。

それよりも、自分のトレードする市場にMAが通用するか、つまりトレンド的な動きが出やすいのか?こちらの検証のが遥かに大事です。

MAの期間は細かく考えるとカーブフィッティングしますので、注意してください。

それとMAは各時間の終値の平均で出しますので、5分の120期間は30分の20期間には相当しません。

各期間の算出値が異なりますので。

ニートトレーダー

Date2013.03.20 (水) 06:54:13

スキャルであり、ポジションの保有時間が短いので、あまり長い時間軸は必要ないかもしれませんね。
120MAだけで検証してみます。
ありがとうございました(´・ω・`)

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。