スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

国債価格

国債価格は投資をするにあたって非常に重要な項目です。

株式投資にも為替取引にも重要な位置づけに入ります。


国債は株式と反対の動きになると覚えておいてください。

株が下落したときは安全資産である国債が買われるからです。


その前に「国債」って何?という方のために。


国債とは早い話が国の借金です。

収入が税金だけじゃ足りないので借金をしてつないでいるんですね。


借金をする時って個人間では借用証書を書きますよね?


国も「債券」と呼ばれる借用証書を発行します。


これが「国債」です。国が発行する債券だから国債です。


一般企業も「債券」を発行していますが、会社が発行するのでこの場合は「社債」と呼びます。


普通の借用証書と違うのが、国債をはじめ「債券」は市場で売買によって取引譲渡されており、価格が毎日変動します。


つまり株式と同じく時価があり、金融商品でもあります。


国債価格は金利に影響を与えます。


といいますか、国債の利回りが長期金利の基準となるんです。



日本では10年物の国債利回りが長期金利です。



国債は日々売買によって価格が変動します。


例えば「1億円」の国債を買ったとしましょう。

しかしこの国債を買うときは「1億円」払っていません。

「8000万円」で購入しています。

つまり10年後「2000万円」多くもらえますよね?

これがいわゆる利息みたいなもんです。正確には償還益といいます。


発行した時から既に価格が額面より安く買える、これを「割引債」といいます。


ではこの国債が発行されてから数日後、市場に出回り「3000万円」で買えました。


10年後「7000万円」の利益がでますね?

このように国債価格の下落は長期金利の上昇になります。


逆に国債価格が上昇すれば金利が下落します。



実際の国債は利付き債が多く、「クーポン」と呼ばれる定期的な利息が得られますので、クーポンと償還益(もしくは売却益)を加えた利回りが長期金利の基準です。


金利は株式にも、為替にも、経済全体にも大きな影響を与えます。

国債価格の動向は必ず見るようにしておきましょう。



Date: 2012.02.15 Category: CFD~取引前の基礎知識 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。