スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

ドル円

日本人が為替と聞いて思いつくのはこのドルと円のレートでしょう。

日中の値幅は1円以内に収まるのが平均です。

ドル円の1円毎の値や0や50毎の値には強い抵抗帯となっており、この付近まで

値が近づくと20銭くらい反発します。

ドル円を見るさいの注意点は、世界の通貨はドルと円だけではないと言う事です。

世界一取引数量の多いユーロドルの関係を見てみましょう。

ユーロが高くなるとき、つまりユーロに対してドルが安くなるときは相場環境がリスクオンの時期です。

つまり株式市場などが上昇していくときです。


逆にユーロが安くなるとき、つまりユーロに対してドルが高くなるときは

相場環境がリスク回避の時期で、株式市場は弱気相場です。


株式市場が弱気相場のとき、避難通貨である日本円も高騰します。


円はドル以上に通貨高になるためにドル円も円高になりますが、この時ドルも他の通貨に比べて高くなるので、相対的に値動きが小さなものになります。


なので、他のクロス円とくらべて値動きが上にも下にも行きづらい展開が続くことがあります。

これは為替変動の注目が欧州かアメリカかで値幅が異なるということになります。

現在は欧州債務問題のせいで為替はユーロが主役ですね?

もし欧州債務問題が落ち着き、アメリカの何かの問題が取り上げられ、市場の注目がアメリカにシフトした場合、ドル円の値動きは大きくなります。

これはドル円に限った事ではありませんが、市場の材料の変化を見極める事は為替取引において最も大事な事です。

そのためには毎日相場を見て、分からなくてもいいから毎日経済ニュースをみてみましょう。

いつもとは限りませんが、ある日今日は展開が変わるかもしれないという直感めいたものを感じるときがあります。

それは魔法や超能力ではなく、毎日相場を見てきたおかげで、ときおり市場の変化を知識によって読み取る事ができるからです。

注意するのは、取引を行っていないポジションを持っていない時です。

ポジションを持っているときは値動きを期待するだけで、冷静に観察する事ができず、変化を読み取る事が難しいでしょう。


雑誌や専門家の為替予想なども一切無視してください。

自分の力が最も頼りになります。


フォレックス・ドットコム【FOREXTrader】
Date: 2012.02.12 Category: 為替取引の基礎知識 Comments (4) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:

ナホコ

Date2012.02.12 (日) 20:44:49

この前はコメントありがとうございました♪
そしてリンクのお誘いまでして頂いて
さらにありがとうございますe-348

私も方もリンクさせて頂きましたよ♪
また遊びに来ますね。
これからもよろしくお願いしますe-266

葵ただひと

Date2012.02.12 (日) 21:21:55

ナホコさん、ありがとうございます。

早速リンク貼らせていただきました。

しかもこちらのリンクまで載せてていただいて光栄です。

これからもよろしくお願いいたします。

ゆったり犬

Date2012.02.13 (月) 22:42:17

どうもゆったり犬です。
コメントありがとうございました。
リンクさせていただいたことを報告させていただきます。
末永くお付き合いできますよう、よろしくお願いいたします。
それでは、また

葵ただひと

Date2012.02.14 (火) 00:08:51

ゆったり犬様、本当にありがとうございます。

早速リンク貼らせていただきました。

景気循環の記事楽しみに待っています。

こちらこそ、末永いお付き合いができますよう、よろしくお願いいたします。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。