スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

テクニカル分析の有効性

テクニカル分析とは、価格などの市場データを統計的に分析して、将来の価格の方向やタイミングを予測する分析手法です。

この分析手法にはたくさんの批判があります。・・・
 

市場の動きはランダムで予測不可能である、誰でも同じ情報を使って市場で常に勝つ方法が存在するなら、全ての人間がその方法を使用する事になり有効性が消滅する、過去の値動きから判断する占いのようなもので、分析結果も人それぞれの解釈でいくらでも後付けの分析が出来るなど厳しいものです。

そして、それはまた事実だと私も思います。

しかし、それでもテクニカルは使うべきです。

まずこのテクニカル分析に勝る相場のタイミングを測る方法は現在ありません。

最近の経済物理学、経済心理学では実際にいくつかのテクニカル分析の有効性が認められています。

その根拠は、市場価格は全てランダムではなく、ある期間の価格変動はその後の価格変動に影響を及ぼしている、市場価格は人の心理、つまり思い込みが影響を及ぼしているため、価格の動きそのものが、人の心理を動かし、人の心理が価格を動かすからです。

証明されたわけではありませんが、私はテクニカル分析は有効だと確信しています。
Date: 2012.01.28 Category: 有効的トレード手法の考察 Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。