スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

銘柄・通貨ペアの選択方法

「レラティブ・ストレングス」

レラティブストレングスの分析は株式市場において相対的な銘柄の強弱を分析する事によってより有利な銘柄を選択していく方法です。

各セクター中、市場を牽引する強いリーダー銘柄を探し出し、動きが失速すれば他の強い銘柄にポートフォリオの入れ替えを行っていくものです。

通貨の投資戦略にもこのレラティブストレグスの考えに似た方法で通過ペアの選択を行う考えがあります。

ただ為替取引は通貨と通貨の交換レートであり、もともと通貨ペア自体が相対的な強弱を示しているのですが、これをもう少し見るものです。

為替市場は基軸通貨のアメリカドル中心に取引が行われています。

通常、ドルが強いのか弱いのかを判断するには1つの通貨ペアだけみても分かりません。

たとえば円に対して弱くても他の通貨には強くなっている可能性もありますので、これを判断するには他の通貨ペアを見る必要があります。

このときよく持ち出されるのがドルインデックスです。

ドルインデックスは、米ドルの総合的な価値を示す指標です。

FRBが算出しているものと、ニューヨーク商品取引所が算出しているものがありますが、リアルタイムで更新されるニューヨーク商品取引所のものが通常との事です。

正直に言います。

私は見ていません(笑)

ドルが上昇傾向である事が分かれば、次は弱い通貨を探します。

たとえば、EUR/USD(ユーロドル)ペアはドルが高いと下落しユーロ高になると上昇します。

このときユーロがどのくらい弱いのかを判断できるのがEUR/GBP(ユーロポンド)の通貨ペアです。

EUR/GBP(ユーロポンド)はポンドが高いと下落しユーロ高になると上昇します。

この通貨ペアが下落していれば、ユーロはポンドにたいしても売られていることが分かり、逆に上昇していればユーロはドルより弱いがポンドよりはマシという事がわかります。

つまり、この選択方法によって強い通貨とより弱い通貨のペアを選択し、より大きな動きを期待するものです。

私は見ていないけれどもこれは根拠のある選択方法で有利なトレードを行える可能性があります。

じゃあこれによって最高の銘柄や通貨ペアを見つけ出す事ができるか?

残念ながらそれは人それぞれです。

まずはリターンリバーサル効果を紹介します。






スポンサーサイト
Date: 2013.02.25 Category: トレード戦略の実践 Comments (0) Trackbacks (0)

トレンド転換1-2-3ルール

トレンドの転換を予測できる方法なんてものはありません。

しかし予測はできずとも「判断」に値する方法があります。

そしてかなり良い判断方法です。

それが今回紹介する1-2-3ルールです。


Date: 2013.02.10 Category: 有効的トレード手法の考察 Comments (6) Trackbacks (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。