スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告

トレード手法の理解

「季節要因」

○1月の方向性と年間の方向性が一致する。年間の高値安値を付けやすい

○3月末に日本企業の多くが決算を迎えるため、海外の資金を円に戻す作業を行うためこの時期は円高に振れやすい

○欧米の企業は12月決算が多いため、11月頃から海外の資金を米ドルやユーロなどに戻す作業を行うためドル・ユーロ高傾向になりがちで円安要因となる


株式市場でも為替市場でも先物市場でも季節的な実需の動きから値動きにパターンがありこれを「季節要因」といいます。

この季節要因を利用したトレードをシーズナルトレードと言います。

マーケットの魔術師ラリー・ウィリアムズは曜日や週毎の傾向・債券価格の動向も研究しトレードに活用していました。

季節要因・市場間の相関関係など自分のトレードにうまく組み込む事ができれば、その傾向が続く限り更なる優位性を得られ、そのトレードは銀から金へと変化し成績も向上する可能性があります。

しかし・・・・・




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Date: 2012.12.16 Category: トレード戦略の実践 Comments (20) Trackbacks (0)

市場の選択と手仕舞い

トレードを始めたばかりの方、始めようとする方はまずはたくさんの市場を見てみる事をオススメします。

「あっちもこっちも見てられないよ」と思うでしょう?

その通りです(笑)

実際にはほとんど必要にならないものばかりかもしれません。

しかし、決して無駄にはなりませんのでまずは観察してみてください。




人気ブログランキングへ
Date: 2012.12.02 Category: 資金管理法 Comments (8) Trackbacks (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。