価格の抵抗帯

抵抗帯とは一定期間の価格「高値」や「安値」(つまり前回の反転ポイント)、「0のつくキリの良い数値」、「トレンドライン(チャネルライン)」

「移動平均線の中長期線」、「フィボナッチ支持線」、「ピボットポイント」など価格が一時的に転換する可能性があるポイントの事です。

なぜここで値動きの抵抗があるのでしょうか?




人気ブログランキングへ
Date: 2012.05.28 Category: チャートの分析方法 Comments (0) Trackbacks (1)

マルチタイムフレーム分析

マルチタイムフレーム分析とは、複数の時間軸を見て、
相場の大局的な視点と局所的な視点からトレンドの方向や転換、エントリーポイントを探る分析方法です。

まずは・・・
Date: 2012.03.15 Category: チャートの分析方法 Comments (14) Trackbacks (0)